関節痛に効果的なサプリ

運動した方が関節痛の痛みも悪化しない

高齢者になると、なかなか散歩に出たがらない傾向が強まるでしょう。
そうやって外出しないことで足腰が弱り、ますます老化現象が進行してしまう悪循環が心配されます。
もし小春日和のうららかな昼間、しかも時間を自由に使うことを許されるなら、本来は多くがお散歩日和と思うはず!

 

せっかくのお散歩日和なのに、なぜ高齢者になると出かけたがらないかといえば、これは関節痛の可能性が考えられます。

 

自分が子供の頃の祖父や祖母を思い出すと、膝が痛むからとあまり出かけなかった記憶がありませんか?
しかし運動した方が関節痛の痛みも悪化しないと考えられ、そろそろアラフォー世代から備えたい健康の不安に数えられます。

 

関節痛に備えるには効果的なサプリメントが豊富になりましたので、健康作りに役立てようと選ぶにも迷ってしまうくらい。

 

その種類豊富な中から、関節痛に効果的なサプリメントベスト3をご紹介しましょう!

 

【皇潤】

 

よくテレビCMでも見かけるのが「皇潤」ですから、名前は知っている視聴者がほとんどでしょうね。
ただ「皇潤」とは何か?と質問されたら、なんとなく身体に良いものという答えになってしまいそうです。
「皇潤」とは関節痛を軽減させるに効果的なサプリメントになり、なかなか年代的に関節痛が多くならないとピンとこない内容かもしれませんね。

 

しかし「皇潤」のCMから関節痛に悩める人には伝わるということが、興味をもって見ると理解できるのも発見ですよ!
では「皇潤」の特徴とは3つの効果的な作用があり、まず厳選された天然100%素材から抽出される低分子化ヒアルロン酸により、関節痛の原因となる不足した成分を補給できます。

 

さらに新成分iHAが本来の機能性を高めるサポート役として作用を発揮し、関節痛を改善する力を高めるように働きかけてくれます。

 

そして「皇潤」にもインドの天然素材として古くから伝わる、ボスウェリア・セラータ樹脂「5・Loxin」が配合されますよ。

 

また「皇潤」は軟骨成分となる2型コラーゲンまで加わり、総合力でパワーアップされたサポートサプリとしての性能が期待できるでしょう!
「皇潤」はまとめ買いや組み合わせ方など多様化され、ごく標準的な皇潤プレミアム100粒なら約2週間分です。

 

初回限定価格では23%OFFの6300円となりますが、他にも購入法は様々なので、ライフスタイルに合わせてどれにするか検討してくださいね!

 

 

【大正製薬グルコサミン】

 

最近になり健康情報など、よくテレビで「グルコサミン」という言葉を発信される印象ですね。
グルコサミンとはヒアルロン酸の主原料になり、人体において爪や靭帯、そして軟骨を形成する成分の1つです。

 

だから関節痛についての内容になると、やたらグルコサミンの名前が耳に届くのでしょうね!
さらにヒアルロン酸は加齢と共に、体内から減少していく成分の1つに数えられので、この現象が関節痛の原因としても考えられるというわけです。

 

関節痛を軽減するにもヒアルロン酸を補給することは効果的とされ、「大正製薬グルコサミン」は必要な成分を効率よく摂取できるサプリメントです。

 

「大正製薬グルコサミン」は独自の技術により溶けやすいサプリメントなので、体内での吸収率が高さとしても有効性を発揮しますよ!

 

そしてグルコサミンは甲殻類の殻に含まれる、アミノ酸の1種になります。
もちろん「大正製薬グルコサミン」では厳選された素材から、純度98%という高品質を保持する成分を配合しますよ!

 

また「大正製薬グルコサミン」は1日6粒が摂取量の目安になり、その1日分ずつ個別包装になるのが便利。
その方が旅行先など携帯するにも分かりやすく、飲み忘れを防げることにもつながり、きっと続けやすいサプリメントですよ!
だから6粒ごと30日分入りが1箱になり、「大正製薬グルコサミン」は通販限定商品になります。
初回限定ですが通常コースは税込2940円が、30%OFFの2058円で購入できます。
さらにお得なのが定期お届けコースとなり、定期購入では10%OFFの2646円、それが初回特典ではなんと送料無料で50%OFFの1470円ですよ!

 

【フローレスUC・2】

 

フローレス倶楽部の関節痛に効果的なサプリメント「フローレスUC・2」は、まさに世界規模の有効成分をギュッと1つに凝縮したといってイイでしょう!
「フローレスUC・2」のサプリメントとして特徴的な部分はコラーゲンと、インドの天然素材です。
まずコラーゲンについて種類がいくつもあり、それは素肌に作用する美容に効果的なタイプと、関節を構成するタイプ。
だから美容成分となるコラーゲンとは1型で、関節に作用するのは2型です。
「フローレスUC・2」に配合されるコラーゲンとは、もちろん2型になります。

 

さらに関節の運動に必要なのはコラーゲンとなり、膝の内部では水の次に多い成分になりますから!
「フローレスUC・2」に配合されるコラーゲンはハーバード大学の研究素材となった、世界で唯一の非変化性活性2型コラーゲン「UC・2」が厳選されます。

 

もう1つのインドの天然素材とは、ボスウェリア・セラータ樹脂「5・Loxin」が配合されます。
これはインドでは関節痛の有効成分と知られ、なんと3000年以上の歴史があるのだそうですよ!
この2つの相乗効果だけでなく、さらに効果を高める成分を世界中から集めて「フローレス倶楽部」のサプリメントは作られています。
「フローレスUC・2」のサプリメントはカプセルタイプとなり、60カプセルが約1ヶ月分で、税込価格は4900円になります。

 

関節痛についてさらに詳しく掲載しているサイトがありますのでそちらも参考にご覧ください。こうじゅんは長年の愛用者が多いことでも人気のサイトです。

膝関節の痛みとは、どうしても老化現象の始まりのイメージが強く、やはり高齢者に多い印象として伝わ
りますよね。
しかし若くして症状が現れる場合も考えられ、それは肥満・体重増加で膝痛みが伝わるケースですよ!
だいたい肥満体型の芸人さんトークには、膝が痛いというのは定番ですからね。
やはり街中でも肥満体型の人を見かけると、膝が痛そうな仕草に気づくことが多いでしょう。
だから階段の上り下りなど不自然な動作になることから、なんとなく膝が痛むのだろうと察せられます。
さらに身体を屈伸させるような動きは、どうしてもスローモーになるみたいですね。
きっと日常生活にも支障が現れることまで考えられますので、そんな時は「皇潤」のようなサプリメント
を活用しましょう。

 

少しでも膝関節の痛みを緩和しないと、ますます動きたくない心理に陥りがちになるでしょうから、「皇
潤」のようなサポートを役立てた方が改善に効率的です。
まず肥満・体重増加で膝痛みが心配なら生活でも動きを制限したり、さらに運動をしなくなることが一番
の逆効果ですからね!
だいたいアラフォー世代から標準体重でも、膝関節の痛みが心配になるという症状が現れます。
だから肥満・体重増加で膝痛みがあれば、年齢的には早めに改善しないと、ますます症状は悪化する一方
となるのが心配されます。
膝関節の痛みと将来的な健康について
もっと年齢を重ねると生活習慣病が不安視され、だいたい肥満が原因なので健康管理にダイエットを勧め
られるはず。

 

しかし膝が痛いからと動きたがらないことで、健康にとっても悪循環になることが多いそうですよ。
もちろん生活習慣病とは生命に関わるような深刻な症状ですから、肥満・体重増加で膝痛みにより運動が
できないとは危機的状況という深刻な事態です!
なぜ肥満・体重増加で膝痛みになるのかというと、歩行時には膝に体重の約3倍もの負担が掛かるそうで
す。
また走ると体重の約10倍、ただ肥満体型であれば走るということは、なかなか日常生活において考えら
れませんけどね。
でも日常生活多いであろう階段の上り下りでは、約7倍の負担が膝に掛かるといわれるほど!
つまり体重増加は無条件に膝への負担を大きくしてしまい、これが膝関節の痛みの原因を作ってしまうと
いうのは伝わりやすいでしょう。
だいたい肥満・体重増加で膝痛みは、「変形性膝関節症」の症状になります。
そして肥満・体重増加で膝痛みから動かなることで、ますます膝を支えるはずの筋力が低下してしまいま
す。

続きを読む≫ 2015/02/16 11:25:16

年齢的にも周囲の同世代は身体のあちこちが痛むと訴えるなら、まだ納得して治療など始める意欲になり、
症状を改善することへ集中できそうですね!
しかし早めの年代でも心配されるのが、O 脚・X 脚の影響で関節痛になることです!
もし自分は見た目にも O 脚・X 脚であろうと自覚すれば、早めに「皇潤」のようなサプリメントで予防す
ることもできますよ。
きっと「皇潤」ならテレビCMから名前だけは知っているし、健康サポートに役立てられるというのは伝
わっても、明確な効果は分かってないことが多いみたいですね。
だから O 脚・X 脚の影響で関節痛の症状が心配なら、膝の痛みを軽減するサポート役に「皇潤」の効果は
期待できますよ!
では O 脚・X 脚の影響で関節痛になるとは、それぞれどんな特徴的なのか調べてみましょう。

 

【O 脚】

関節痛でも多い症状とは「変形性膝関節症」になり、しかも中高生の女性の多くが膝の痛みを訴えるのが、
この症状とみられるのだとか!
そして現代社会でも、なんと日本女性の8割は O 脚といわれるそうですから。
これは日本の生活習慣が大きく影響することらしく、やはり住空間で椅子の生活をしないことが O 脚の原
因を作ってしまうみたいですね。
O 脚は直立した姿勢で内くるぶし同士をくっつけて、それで膝の間が開いてしまう体型です。
もし膝の間に指が2本以上入ると、O 脚の傾向と考えられます。
それなのにヒールの高い靴を履くのは、さらに O 脚を進行させてしまうのでご注意ください!
また O 脚は見た目にも良くないので、できたら子供の頃から気を付けたい部分ですね。
O 脚のまま成長してしまうと両膝が外側に開く体型に固定され、これは足がねじれている症状です。
結局は股関節が開いた状態となり骨盤の歪みを作る可能性も高く、どうしても不安定さから膝関節に負担
が大きいのです。

 

しかも両膝に均等に体重が乗らない状態が続いてしまい、いずれ膝の外側から痛みを感じることが多くな
ります。
膝関節の内側の軟骨が片側からスリ減ってしまうので、変形性膝関節症になりやすいということです。
また偏平足や外反母趾を治さないままだと O 脚の原因に進行してしまい、将来的に変形性膝関節症になる
可能性が高いそうですよ。
それから日本女性の8割は O 脚とみられることからも、まだ O 脚は軽度という可能性が高く、それを年齢
と共に進行させないということが大切ですよ!

 

 

【X 脚】

X 脚も足がねじれた症状が固定され、膝の歪みから関節痛となりやすい体型です。
だから X 脚は膝がくっつくのに、太ももと膝下が離れることで見た目にも不安定さが伝わります。
当然ながら膝関節に負担が大きく、やはり「変形性膝関節症」になりやすい大きな原因です

続きを読む≫ 2015/02/16 11:23:16

サイズの合わない靴を履くことは関節痛の原因の1つになるとは、なかなか一般的に知られてないのかも
しれませんね。

 

いずれ将来的に足腰が弱ってしまうのは、初期症状として膝の痛みが代表されます。
つまり高齢者になり、立ったり座ったりするだけでも膝から関節痛が伝わることで、どうしても動きを制
限してしまうことが老化現象を進めます。
そうなると外出するのは、次第に億劫になる心理も想像できますからね。
この関節痛とは「変形性膝関節症」の症状が多く、年齢と共に膝関節の軟骨がスリ減ることから、変形し
てしまうことで痛みが伝わります。
加齢に従い、体内でも長年使い続けた機能は様々な支障がみられるようになります。
その代表的な1つ膝の関節痛となり、足の衝撃を支える役割を果たす膝は、さすがに負担が大きいと理解
できますよね!

 

そして近年になって注目されるのが変形性膝関節症を患う多くが、日常的に使用する靴の選び方を間違っ
ていると問題視されるそうです。
どうしてもファッションはトータルコーディネートでみるので、靴は基本となるアイテムですよね。
だから靴選びがファッション性重視になることにより、健康について無視したようなデザインに走ること
が危険性を高めます。
例えば爪先が異様に細くなるデザインや、高過ぎるヒールを選ぶことが原因すると考えられるわけです。
若い年代にお洒落したいのは当然ですから、ファッションとして一時的な楽しみにするくらいは良くても、
それが長年に渡り日常的となれば、どうしても膝の負担が大きいのでしょう。
きっと若い年代でも1日中、高いヒールの靴を履いて立つ姿勢が長くなると、膝やら腰が痛いと訴えるは
ず!

 

ただ、このデザイン性重視から靴が負担になり関節痛になるのは想像がつきやすく、それ以上に問題視さ
れるのがサイズの合わない靴を履くことですよ。
靴のサイズはメーカーやデザインによって違うと柔軟に対応できるなら良いのですが、だいたい決まった
サイズの靴を買ってしまいませんか?
そしてサイズの合わない靴を履くことで関節痛になるとは、だいたい大きめサイズの靴を選んでいる可能
性が考えられます。
もし靴のサイズが小さいと足そのものが痛いので、購入する時点で健康に良くないと気づきますからね。
しかしサイズが大きめの靴を選べば大丈夫だろうというのは間違いで、やはり靴ごとに自分の足にジャス
トサイズというのは靴選びのポイントです!
関節痛を予防する靴選びの注意点
サイズの合わない靴を履くことで関節痛になるとは意外性としても伝わりますが、特に大きめサイズを選

続きを読む≫ 2015/02/16 11:22:16

もし膝の痛みが慢性的になると、雨の日は痛みが増してしまうのだとか!
だから起床時から今朝の天気が分かるというくらい、明確に膝の痛みが伝わるみたいですね。
なかなか膝の痛みをそこまで感じたことがないと、ただ不思議な印象ですよね~
そうなると雨の日が集中する梅雨の季節は、膝関節の痛みが慢性的なら、ほとんど毎朝のように苦痛に感
じるということでしょうね。
でも、そんなに梅雨時期や天候不順に膝の痛みが増すのはなぜ?と疑問です。
しかも雨の日に膝の痛みが増すのは「天気痛」という正式名称があるくらい、もしくは「気象病」と医学
的も呼ばれるらしく、これにはビックリですね!

 

だから天気痛としては膝だけでなく、腰などの関節痛が悪化する症状がみられるということです。
さらに天気痛とは偏頭痛まで出やすくなり、きっと天気と体調が密接するという代表的な症例としても理
解できますね。
また古くからことわざにもなり、「古傷が痛むと雨」との言われ方として伝わります。
では梅雨時期や天候不順に膝の痛みが増すのはなぜ?という疑問を追求してみると、きっと雨の日という
のがポイントですよね。
つまり低気圧が膝の痛みに、何かしら関係するのだろうと察せられますね!
そうなると関節痛は無関係でも身に覚えがあるでしょうが、雨の日の朝は寝覚めが悪いという感覚は多く
が感じるはず。

 

なんとなく仕事や家事をするにも意欲的にこなせずに効率が悪いとか、無意識ながら人間は気圧により体
調に影響を受けていると考えられます。
その1つの症状に数えられるのが、体内でヒスタミンという物質の分泌量が増加して、これが関節の炎症
を引き起こして痛みを強めるとみられます。
ただ炎症はごく軽い症状のようですが、膝関節は炎症が強まる傾向から、雨の日に痛みが増すというわけ
です。

 

このヒスタミンとは普段は不活性な状態なのに、ケガや薬により活性化する物質だそうです。
また体内で合成され、健康機能を保つために様々な反応に関わる物質ということです。
だからヒスタミンは血管を拡張する作用があるのに、痒みや痛みの原因にもなりやすく、過剰に活性化す
るとアレルギーを引き起こすとみられます。
よく知られるのは花粉症などヒスタミンの分泌が過剰になり、身体を守る反応のはずなのに、鼻水やくし
ゃみなどアレルギー反応が始まりますよね。
さらにヒスタミンは交感神経を刺激する作用があり、本来は低気圧になると副交感神経が優勢になるはず
が、逆の指令になるので自律神経がパニックに陥るのだとか。
それから低気圧だと膝の内圧となることでも、血行が悪くなる方へ作用してしまい、梅雨時期や天候不順
に膝の痛みが増すというメカニズムになると考えられるのだそうですよ!

続きを読む≫ 2015/02/16 11:20:16

駅前まで買い物など外出すれば、ほんの町内となる小規模な範囲だとしても、明るい時間には膝痛を気に
する高齢者の様子が目立ちます。
もちろん膝が痛いからと動かなくなることが一番良くないので、補助器具など使って散歩に外出するみた
いですね。

 

そうやって無理にでも運動しないと、ますます足腰が弱ってしまう心配があります。
その膝の痛みは「変形性膝関節症」の可能性が高く、ますます膝の筋力が低下することで痛みが強烈にな
るそうです。
だから膝が動かせるうちに、少しでも動かさないと変形性膝関節症は悪化してしまいます。
さらに「皇潤」のようなサポートに役立つサプリメントを利用して、少しでも膝の痛みが軽減できる方法
があれば利用してください。

 

 

もちろん膝への負担を減らすには「皇潤」はお勧めでも、できるだけ日常生活から改善する方法を取り入
れてください。
いくつか日常生活から膝への負担を減らすに役立つことを紹介しますので、将来的な健康としても参考に
してくださいね!

 

【住環境の生活スタイル】

老後は畳のある部屋がほしいだろうと、だいたい家を建てるに1室は和室を作る家庭が一般的でしょうね。
しかし高齢者になるほど高低差のある生活は苦痛になり、むしろ膝への負担を減らすにはイスやソファを
取り入れた生活スタイルの方が理想的です。
だから和式トイレを設置するのは膝への負担を考えると、どうしても危険視されてしまいます!
もちろん膝への負担を減らすには洋式トイレが最適ですから、むしろ住環境は洋式スタイルを取り入れま
しょうね。
そうなると就寝時もベッドの方が、当然ながら膝への負担を減らすには理想的になってしまいます。
さらに正座のスタイルが必要な生活様式なら、早めにリフォームすることをお勧めします。
または畳の部屋に洋式スタイルを取り入れるのも、和洋折衷の演出ができると考えられますよね。
そんな模様替えによって膝への負担を減らす生活スタイルを取り入れながら、素敵な空間作りを楽しみま
しょうね!

 

【膝の血行】

もし変形性膝関節症になると動くだけで痛みが伝わることが心配されますが、ただ発症しても入浴後は痛
みが気にならないということを期待できます。
これは全身の血行促進効果が高まることで、膝の健康機能に必要な栄養が血流によりしっかり届けられま
す。
だから一時的にも痛みが薄れるという症状がみられ、その状態を長らく維持したいのは当然ですよね!
つまり膝への負担を減らすには、血行が促進される状態が理想的と考えられますよね。
だから日常的に保温効果のあるサポーターなど着用するのも、膝への負担を減らすには有効性が高いわけ

続きを読む≫ 2015/02/16 11:18:16

年齢が上がるに従い、どうしても身体を動かす時間は減少します。
高齢者が動きたがらない一番の原因は膝などの関節痛とみられ、特に女性は膝の痛みを訴える症状が目立
つようになりますよ!
だから街中で意識してみると、高齢の女性の方が補助器具を着用していることに気づきますから。
もちろん動かなくなることで足腰が弱り、さらに老化現象が進行してしまいますよ!
つまり早い年代から身体作りは意識する必要があり、食生活については取り入れやすい部分と考えられま
すよね。

 

では膝や骨の関節を丈夫にする食事は?となれば、栄養バランスの良い食生活は当然ですが、もう少し詳
しく知りたいでしょう!
もちろん膝や骨の関節を丈夫にする食事とは予防法だけでなく、すでに膝の関節痛に悩まれる方にとって
も痛みを和らげるに効果的ですよ。
まず膝や骨の関節を丈夫にする栄養素と食材、その作用をみてみましょう。
また紹介する栄養素は年齢的に体内から減少してしまうものが多いので、年齢に応じて食材を意識的に多
めに摂取して、さらに栄養バランスに気を付ける食生活を継続させましょうね!

 

【コンドロイチン】

コンドロイチンはアミノ酸の1種、食物繊維の仲間にも含まれ、軟骨成分には多くが存在します。
ヒアルロン酸から合成されますが、タンパク質などの栄養素と結びついて、関節の組織を形成します。
コンドロイチンはフカヒレの主成分となり、他にもウナギやドジョウ、ヒラメ、ナマコにも含まれます。
また鶏皮や、植物性なら山芋や里芋、納豆、なめこ、オクラなどネバネバした食材からも摂取できます。

 

【グルコサミン】

グルコサミンは糖類とアミノ酸から合成された、ムコ多糖類だそうです。
グルコサミンは軟骨の主成分となり、さらに関節の機能となる軟骨の再生サポートをして、スムーズに動
かせるように働きかけます。
またグルコサミンはヒアルロン酸の主原料にもなり、甲殻類の殻に多く含まれることで知られます。
エビやカニを食べれば摂取できるそうですが、ただ殻の方が豊富とみられます。
だから食材ならネバネバ系の長芋や山芋からの方が、確実に摂取できるかもしれませんね。

 

【コラーゲン】

コラーゲンは繊維状のタンパク質となり、体内のタンパク質の3割を占めるとみられます。
だから素肌作りの作用だけでなく、コンドロイチンとグルコサミンの効果を高める機能も果たします。
さらにコラーゲンが不足することで骨がもろくなると考えられ、摂取することで骨粗しょう症の予防に役
立ちます。
もちろん関節痛の改善にも必要となり、関節がスムーズに動く作用や、衝撃を吸収するクッション機能を
サポートしてくれます。

続きを読む≫ 2015/02/16 11:06:16